スポンサーリンク

フォローする

南17西6の『風月 本店』が創業56周年を迎える2023年2月11日をもって閉店 建物老朽化のため

閉店4コメント

南17条西6丁目の『風月 本店』が2023年2月11日をもって閉店します。

風月は、1967年2月11日に創業。南17条西6丁目で誕生しました。
札幌から美味しいお好み焼きを50年以上に渡って届けています。
しかし、55年間営業してきた本店も建物が老朽化。
創業56周年を迎える2023年2月11日をもって閉店することとなりました。

風月の食材は北海道産にこだわっており、お好み焼の命とも言われる小麦粉は北海道産100%です。
卵は、白老町産の卵を使用。キャベツは、千歳市の『けーあいファーム』のキャベツを使用しています。
このほか、オリジナルソースなども美味しいと評判ですね。

なお、パセオ店についてもパセオ営業終了に伴い2022年9月30日をもって閉店します。
1994年から28年間営業してきました。

創業の地である本店が閉店するのは寂しいですが、本店・パセオ店のほかに、道内13店舗(うち札幌市内10店舗)を展開しています。
ファクトリー店や狸小路4丁目店など、中心部にも店舗がありますので、引き続き北海道生まれのお好み焼きを味わうことができます。

店舗情報

住所 札幌市中央区南17条西6丁目1
アクセス 地下鉄幌平橋駅より徒歩5分
営業時間 11:00~21:30
定休日 月曜・火曜
駐車場 2台