スポンサーリンク

フォローする

【コロナ対策】北24条の居酒屋『朱蔵』で4月21日から無料弁当の提供開始!店舗からの協力のお願いも!

施設情報3コメント

北24条の居酒屋『朱蔵』で、コロナウイルスで困っている人向けに2020年4月21日から無料弁当の提供を開始します。
また、マスクや除菌に使える次亜塩素酸水の特別販売も行います。

弁当配布場所は『朱蔵』の店頭です。(雨天時は店内)
人が殺到するようであれば提供場所の変更などもあります。
一旦は、コロナウイルスが収束するまで毎日用意するとのことです。
弁当は売り物にならなくなった食材を農家より提供を受け、作るようです。

マスク・次亜塩素酸水は少しの金額を乗せて販売するとのことです。
次亜塩素酸水はとりあえず50ppm、50ppmの在庫がなくなったら200ppmの販売となります。
容器の準備はできないため、ペットボトルやスプレー容器の持参が必要です。
いずれも提供業者の監督の下提供するとのことです。

店舗からの協力依頼

弁当を無料提供すると言っても、作るのにはお金がかかってしまいます。
『朱蔵』自体も収入がなく困窮している状態です。
そこで、協賛金・協賛品の提供を求めています。

協賛金は、店頭での募金、クラウドファンディングによる資金提供を求めています。
協賛品としては、容器や袋・米・野菜・食肉などあれば助かるとのことです。

いずれもそれほど収入や生活に余裕のない方が協力する必要は全くないと思います。
収入に余裕があり、お店の手助けをしたいという方は是非協力を。

また、ボランティアスタッフや場所の提供も求めています。

ボランティアスタッフも、遠くから協力しに行く必要はないと思います。
北24条界隈に住んでいて少し体を動かしたいという方は是非。
マスクや消毒液の提供はあると思います。

場所の提供については、弁当の提供場所を分散させたいという意志からのお願いと思います。
人が一定箇所に集まってしまうのは危険ですし、遠方から北24条へ繰り出すのも感染リスクが高まってしまいます。
店先や個人宅への弁当配達も無償で行うことも計画しており、その起点となる場所の確保を求めています。

『朱蔵』は北海道地震の際も炊き出しを行ったり、生活困窮者に対する無料食堂の運営も行っています。
こういった事態に経験のあるお店なので、今後に期待しましょう。

詳しくは店舗経営者のfacebookをご覧ください。

店舗情報

住所 札幌市北区北24条西4丁目4-20 石原ビル1F
アクセス 地下鉄南北線北24条駅より徒歩4分
営業時間 [月~木]17:00~24:30
[金・祝前]17:00~03:00
[土]17:00~05:00
[日・祝日]17:00~23:30
定休日 無休
駐車場

2+