スポンサーリンク

フォローする

【懐古】東苗穂にあった『千の湯』が懐かしい!⇒当時のロッカーは番屋の湯で使われてる!

懐古8コメント

1 : 2019/11/29(金) 00:47:06
千の湯が懐かしい…

 

2 : 2019/11/29(金) 04:46:11
10年もったか?今何になったんだ?岩盤浴良かったな~バリエーション豊富で

 

3 : 2019/11/29(金) 05:11:34
今は100万ボルトとかホーマックとか。
2時までやってたし、次回100円引き券毎回貰えたから500円で入れて良かったんだけどな。

ちなみに千の湯のロッカーは、いま石狩の番屋の湯で使われてるよ。

 

4 : 2019/11/29(金) 06:12:51
マジで!?番屋の湯も一時休業で、できた20年位前から良く行ってたけど
ロッカー覚えて無いし、千の湯のロッカーも覚えて無い・・見れば思い出すかな???

 

5 : 2019/11/29(金) 21:15:30
>>4
ロッカー開けたら、千の湯って書いてるから解ると思う

 

6 : 2019/11/29(金) 22:04:51
>>5
それはおもろいな!明日でも久々に番屋行ってみるかあ~
でも普通導入の時そういったの消すよねーw

 

7 : 2019/11/30(土) 07:58:31
石狩番の湯ができたての頃、札幌全域から来客があり、
かなり混んでいたよね。濁ったお湯と日の入りが売りだった。
あれから、二番煎じみたく日帰り温泉施設が増えたのかな?

 

8 : 2019/11/30(土) 17:34:47
確かに混んでた!あの盛況ぶりを見て、営業停止になったと聞いた時は信じられなかった

 

引用元:https://machi.to/bbs/read.cgi/hokkaidou/1554322484/

補足

千の湯』は、『レジャスポ東苗穂店』と一緒に建てられた銭湯です。

2005年12月にキャッツアイを運営する北東商事によってオープン。
内湯と露天風呂を合わせて男湯が10種類、女湯は12種類もある入浴施設でした。

そんな人気店でしたが、2016年3月末をもって閉店しました。
同年4月からは解体工事が始まり、現在はホーマックと100満ボルトが建っています。

住所 札幌市東区東苗穂3条2丁目5-25

ちなみに、『千の湯』および『レジャスポ』ができる前は、「東苗穂サティ」でした。
その後ポスフールへ変わり2005年に閉店しましたが、建物はそのまま使われていました。

 

また、番屋の湯は、石狩市弁天町にある温泉です。

住所 石狩市弁天町51-2
アクセス 地下鉄南北線麻生駅より車で26分
営業時間 10:00~24:00
定休日 メンテナンス日を除き無休
駐車場 150台