スポンサーリンク

フォローする

【ニュース】「玉光堂」旧運営会社が特別清算開始 店舗は別会社で継続

2019/07/17企業4コメント

2019年07月09日 14時24分 公開 
北海道のCD店「玉光堂」旧運営会社が特別清算開始 店舗は別会社で継続 
「玉光堂」「バンダレコード」などの事業は別会社に移り、運営を継続しています。 
[ねとらぼ] 

 帝国データバンクによると、北海道のCD・DVDショップ「玉光堂」などの旧運営会社が6月27日に東京地裁から特別清算開始命令を受けました。玉光堂は別会社に運営が移り、事業を継続しています。 

 1942年(昭和17年)に北海道小樽市で創業した老舗。北海道で「玉光堂」を展開し、2011年には東北地方や関東地方などに出店している「バンダレコード」と事業統合。17年2月期には売上高約62億円を計上していましたが、赤字が続いていたとのことです。 

 18年3月には親会社だったCD・DVD卸の旧星光堂の別会社に事業を移管し、さらにCD・DVDなどディスク製造を手がけるメディアリンクス(東京都墨田区)の100%出資で設立された「玉光堂」が事業を承継。メディアリンクスと玉光堂は19年3月1日に合併して新会社「玉光堂」として事業を継続しています。 

 旧運営会社は「玉光堂」から「小樽管財」に名を変え、19年3月末の株主王会で解散を決議していました。帝国データバンクによると、負債は18年2月期末で約30億円ですが、変動している可能性があるとのことです。 

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1907/09/news089.html
1 : 2019/07/09(火) 15:03:26
そりゃ音楽なんて今は合法的に無料で聴けるしな、spotifyとかで。
youtubeにもあるし、amazonでも低額で聴き放題やってるし。
そりゃCDなんて売れんわな。

2 : 2019/07/09(火) 15:09:59
日本レコード協会によると日本国内の洋楽邦楽のCD生産枚数は
この10年でおおよそ7千万枚減少している

3 : 2019/07/09(火) 15:29:34
今から30数年以前、TV番組イカ天で「たま」等が人気だったバンドブームの頃
若者向けのエレキギターなども売り上げが大きい有名な店だった。

4 : 2019/07/09(火) 16:50:06
た 玉光堂

5 : 2019/07/09(火) 18:43:03
玉光堂も逝ったか…
山野も東急と越山から撤退して久しいし

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/editorialplus/1562651542/

補足

玉光堂の店舗が無くなるわけではないですが、これはショックです・・・。
道内企業ではないですが、書店の「文教堂」も私的整理を申請し、事業継続が危ぶまれている状態です。
昔ながらのCD屋や本屋が崖っぷちに立たされていますね。

玉光堂は現在、道内で16店舗を展開しています。
新たに事業を引き継いだ会社は、これらの店舗を維持していけるのかが心配です。

  • 小樽本店
  • パセオ店
  • 四丁目店
  • イオンモール札幌発寒店
  • カテプリ新さっぽろ店
  • すすきの楽器センター
  • イオン千歳店
  • イオン江別店
  • イオン岩見沢店
  • 函館駅前ビル店
  • イオンモール旭川駅前店
  • イオン帯広店
  • 帯広イトーヨーカドー店
  • イオン釧路店
  • イオンモール釧路昭和店
  • イオン北見店
0