スポンサーリンク

フォローする

虎を見るまでマレーシアから帰れないvs熊を見るまで北海道から帰れない

生き物0コメント

7bdafe515d06774a076fefb70682a4eb_t

1 : 2019/05/24(金) 01:01:34
どっちが辛い?

2 : 2019/05/24(金) 01:02:09
うーん、どっちも帰らんでも暮らしていけるからな

3 : 2019/05/24(金) 01:02:25
せやなあ

4 : 2019/05/24(金) 01:02:30
動物園行け定期

5 : 2019/05/24(金) 01:02:55
登別クマ牧場

6 : 2019/05/24(金) 01:03:07
マレーシアとかもう金持ちの国やろ

7 : 2019/05/24(金) 01:03:50
あれ絶対トラだって!

8 : 2019/05/24(金) 01:04:10
ブンブンの刑に処す

9 : 2019/05/24(金) 01:04:43
虎なんか出ねぇよぉ~


ブンブンの刑に処すとは
水曜どうでしょう ジャングルリベンジ 第六夜で生まれた名言である。
そもそもブンブンとは、どうでしょう班が宿泊していた動物観察小屋ブンブン・ブラウのことである。
この名言が生まれた経緯は以下の通り。

藤村「痛くて寝れないのとね 狭いんだよね」※宿泊しているブンブンには、布団が無いため
嬉野「フカフカになれば寝れるよ」
藤村「いいのかい?ミスターいいのかい」
嬉野「オレの敷きなよ どうだい?」※藤村に自分の寝袋を渡す
藤村「あーいいかもしれない」
大泉「キミそれ寝袋を・・・最後の一枚なんで?掛けてんだよ」
藤村「やっぱり・・・掛け布団もないとダメなんだよ」
大泉「わがまま言うなよ この上「掛け布団まで」って・・・」
鈴井「がんばってみなよ」
藤村「ごめんね」
大泉「いいよいいよ 一個一個みんな解決していこ」
藤村「もう絶対来ないから 絶対もう二度とは来ないから!」
大泉「もちろんだ 忘れるな この経験を・・・」
藤村「絶対忘れないよ」
大泉「頑張るぞ 乗り切るぞ あと9時間したら救助来るから
戻ったらすぐ謝罪会見開くぞ
これだけ迷惑かけてるんだから
どうもすみませんでしたって」
藤村「土下座して謝る・・・弁護士も雇わない」
大泉「弁護士・・・言われるがままの刑を・・・受ける
ここ日本じゃないから二百何十年とかあるかもしれないけど」
藤村「こ・・・ここじゃないだろうね?
ここ(ブンブン・ブラウ)に二百何十年入れられるんじゃないだろうね?」
鈴井「ブンブンの刑・・・最悪だね
「ブンブンの刑に処す」

以上の通り、大泉と藤村Dの裁判の話に対して、鈴井が放った言葉である。
ちなみにこの30分後、藤村Dは爆睡した。

水曜どうでしょう 第6弾 ジャングル・リベンジ/6年間の事件簿!今語る!あの日!あの時!/プチ復活!思い出のロケ地を訪ねる小さな旅 [DVD]

0