スポンサーリンク

フォローする

【清田区】西友清田店で過去にあった汚水問題を覚えている!?

2019/06/09歴史0コメント

511

概要
西友清田店は1982年10月9日にオープンしました。
そのオープン直後、西友を利用した客や従業員が食中毒に感染する事態が起こりました。
原因としては、施設内で使用する水に汚水が混入しており、その水を使用して調理などをしたことによります。
食中毒患者は7751名にも上り、国内最大規模の集団食中毒となりました。
ちなみに当時はまだ清田区は豊平区から分離する前でしたので、豊平区の西友清田店となっています。
以下のサイトに事件概要が詳しく書かれております。
スーパー西友中毒事件発覚

地元民の記憶
1 : 2018/11/12(月) 08:30:41
清田って過去に西友真栄で地下水で問題あったんでしょ?

2 : 2018/11/12(月) 10:33:22
あったねー、懐かしい!オープン当初だよね。

3 : 2018/11/12(月) 12:45:29
地下水ではなく、施設内の汚水が水道に混入していた。その時期に西友を利用したと口頭で申請しただけで一人五万貰えたのさ。うちは家族四人で二十万。温泉に行ったの覚えてるわ。

4 : 2018/11/12(月) 13:20:55
元旦那が子供の時にその水飲んだって言ってたけど 金いらないってお父さん断ってたって言ってたなぁ

5 : 2018/11/12(月) 21:20:50
西友が使用していた井戸水に
ミンクを飼っていたときの細菌だかが混入したってやつだね。
うちも4人中3人発症。
こんなにもらっていいのか、と思ったよ。
まあ、家族は大変な思いしたから当たり前なのかな。


現在は水道設備も整っているので大丈夫かと思いますが、二度とこのような問題が起こらないよう願います。

+1