スポンサーリンク

フォローする

【JR】苗穂駅で2両編成の車両を見かけるけど、あれって何!?

2019/07/020コメント

0150-743x418

1 : 2018/11/06(火) 02:47:10
苗穂駅近く歩いてたら札幌駅の方に向かう
2両編成の普通列車が苗穂駅に停車した
どこ発の列車かは不明だが客が一人乗っていた
とうとう2両編成かと切なさが、こみ上げた
JRは快速と普通は基本3輌か6輌編成である
ホームを長くすると固定資産税が多くなるので
田舎のローカル線なら2両でも仕方ないが・・・
特急も人乗っていないから3輌編成もあり得るかも


2 : 2018/11/07(水) 03:18:45
夜遅くに室蘭から札幌まで直通する列車が2両編成だったような…
昔学園都市線で走ってた気動車?
一日散歩きっぷで一度乗ったことあります

3 : 2018/11/07(水) 13:32:02
苗穂駅で2両編成の車両を見かけるのは夜11時ぐらい
遠目で見ても車両が明らかに古いのが分かる
車輌の更新費用が一台3億なので用意できないのが現実

4 : 2018/11/07(水) 14:38:27
あるブログから引用

8/8の土曜日は、室蘭発札幌行きの回送・間合い運用便のキハ143に乗ってきました。
以前にも書きましたが、キハ143は「札トマ」と車体に表記されている通り
苫小牧運転所の所属なのですが、札幌の苗穂運転所で点検を受ける必要があるようです。
この便で札幌までお客さんを乗せながら運行して、点検終了、数日後に
朝一番6時過ぎの便で室蘭本線に戻り一定の期間の後に
また苗穂へという運用を繰り返しています。
長万部発札幌行きと同様、ワンマン対応していない区間は車掌さんが乗務します。
この便の場合は苫小牧から車掌さんが乗務します。逆に札幌からの便は苫小牧まで乗務しています。
20時過ぎに室蘭を出て23時過ぎに札幌に着きますから、約3時間の旅ということになります。

5 : 2018/11/11(日) 21:16:21
札幌6:00始発の旭川行も2両だよ。毎日乗ってるけど。

一度乗ってみますかね・・・。

北海道の大地から消えた鉄道風景 江差線 増補版~国鉄末期とJR線。まぶたに残る懐かしの1,638km (MG BOOKS)

0